このエントリーをはてなブックマークに追加

joppin:cal(ジョッピンカル)どんなバンド?

Pocket
LINEで送る

みなさんは、東京で活動する、
joppin:cal(ジョッピンカル)というバンドをご存知でしょうか?

こちらのページにたどり着いたということは、
このバンドに興味があるということで間違いありませんね!?

今回は、不思議な名前も気になるバンド、
「joppin:cal(ジョッピンカル)」について取り上げていきます。

バンドのプロフィール

joppin:cal(ジョッピンカル) バンド

クールな見た目と、ハイテクサウンドに注目!
和楽器バンドのギター、町屋が札幌時代より継続している
10年来のバンド「m:a.ture」のメンバー2人と、
現役音大生の女性ドラマーにより、
2016年に結成されたスリーピースロックバンド。

「僕らは万人に愛されるバンドにはなれないと思う、
僕らから滲み出てしまった感情や想いを
曲に換えて、みんなに届けていく。」

と、Ba&Voのリョウさんは語っています。

メンバー全員が車の免許を持っているのも特徴で、
ツアーでの移動などは、しやすいそうです。

ちなみに、「じょっぴんかる」は
北海道の方言で、「鍵をかける」を意味します。

メンバーについて

Ba&Voリョウ(m:a.ture)

joppin:cal(ジョッピンカル) ryo
北海道出身。
バンドでベース、ボーカルを務めるリョウさん。

m:a.tureでの活動はもちろんのこと、ヴィジュアル系での
サポートも頻繁にしていることからも、実力の高さが伺えますね!

使用しているベースは、ATLANSIAのVICTORIA

アトランシア ベース

ブログやツイッターを頻繁に更新するリョウさんですが、
「ファンへの日々の感謝を還元したい。」との思いだそうです。

2011年に上京してくるタイミングでタバコを辞めたそうですが、
最近また吸い始めた様子、現在は禁煙中でしょうか??果たして。

春になると花粉症の症状が年々悪化しているとのことで、
リハからライブまで、音程がわからなくなるなど、かなり辛そうです。

また、プラモデルもかなり好きなようで、
ガンダムはもちろん、「佃煮屋」なんてものまで。

joppin:cal(ジョッピンカル) ryo

佃煮屋 プラモデル

本人ツイッターには、「最近はプロモデルを作ることが、
ストレス発散になっているのかもしれない、
作っていないプラモが部屋に山積み。」なんてつぶやきがありました。

ファンへのプレゼントとして、抽選でプラモをあげたこともあるとか笑

Gt&Vo 和城(m:a.ture、ギャロ)

和城 ギター
9/14生まれ、北海道出身。

「m:a.ture」や、V系ロックバンド、
「ギャロ」のギターとしても活動中。

特徴的な、白髪のタマゴ殻ヘアーは、
美容室の「池袋 CAPSULE」でメンテナンスされているようです!
http://2012capsule.com/

本人のTwitterでは、
自作エフェクターやコンデンサなど、
機材のお話や、演奏のお話など、
かなりヲタ的な一面も見られるので、
楽器好きの人が見ても面白いかも!

Dr&Vo MiMi

MiMi ドラム ドラマー
1996年9月30日生まれ、石川県金沢市出身

兄妹は姉がいる、姉もミュージシャンで
一緒にライブをしたこともあるのだとか。

大学は昭和音楽大学に通っていると、
本人Twitterでも頻繁に登場します。

音楽の嗜好は、
「サンタナが好きで、来日公演に行きたかった。」

「お家でアロマたきながらprinceの
purple rainを見るという贅沢。」

MiMi ドラム ドラマー

といった発言からわかるように、
音楽はかなり幅広く聴いているよう。

ジャズセッションなどに参加しているところからも、
音大生のイメージがひしひしと伝わってきます。

メンバーのすっぴん

がっつりとメイクをするタイプのバンドではありませんが、
思いっきり顔出しをするタイプのバンドでも無いので、
顔がはっきりとわかる写真を貼っておきます。
joppin:cal(ジョッピンカル) バンド

サウンドの特徴・歌詞

傍観者の夜明け


【歌詞】傍観者の夜明け/joppin:cal

きのうあの子がビルから飛び降りたってさ。
 結局、死ねなかったんだってさ。

あいつは今日でクビなんだってさ。
 会社に嫌われてしまったんだってさ。

明日あの子は愛を切り捨てて、
 経済力と結婚するんだってさ。

あいつは今も海の向こう側。
 愛人と旅行、楽しんでるんだってさ。

あの子は親がいないんだってさ。
 それでも強く生きていくってさ。

あいつは全て失ったってさ。
 虚しさだけは残るんだってさ。

☆
 瞼の 裏側
 真っ赤な月が堕ちる
 永遠が、一瞬が、眩しくて
 闇に溶けた

☆繰り返し

涙が、嫉妬が、後悔が、孤独が、
 焦燥が、劣等が、絶望が、痛くって

永遠が、一瞬が、眩しくて、闇に溶けた

嗚呼。

こちらの曲は、2016年の8月にYouTubeにポストされました。
メインボーカルは、リョウさん、
コーラスで和城さんも歌っています。

・ビルから飛び降りた子
・会社をクビになる子
・経済力と結婚する子
・愛人と旅行中の子
あなたの周りにもいるんじゃないでしょうか。

知りたくなくても耳に入ってしまう、
時代を映したリアルな歌詞が、良いですよね。

ギターのリフもライブ映えしそう。

傍観者の夜明け

2016年5月にリリースされた、会場限定販売の1stシングル
「限定解錠」に収録されました。

限定解除 ジャケット

2017年8月末にリリースされた、1stアルバムにも収録されています。
アルバムのタイトルは、「無価値であると見なすこと」。

どんな曲が入っているのでしょうか、興味が湧いてたまりません。

下に貼ったAmazonのリンクからは、視聴もできるので要チェックです!

the:O

こちらの曲は、2017年6月に、アルバムからの
先行リリースという形でYouTubeに公開されました。

スリーピースバンド、メンバー全員がボーカルを担当。

こちらの曲が収録された、joppin:calの1stアルバム、
「無価値であると見なすこと」は、
こちらのAmazonリンクから視聴もできます!

結成秘話

メンバーそれぞれ、他のバンドや音入れの仕事、学校など
決して時間があるわけじゃ無いのに、突然結成された「joppin:cal」、
結成にまつわるお話も探ってみました。

どうやら、桜村眞さんの和楽器バンドでの活動もあり、
「m:a.ture」としての活動が思うように進められない、
というのが大きいようですね。

リョウさん「m:a.tureの活動が、表面上少ない時でも、
みんなに会いに行ける手段があれば良いのにな。」

というような想いから、始まったのだそう。

マチュア バンド

リョウさんと、和城さんは長い付き合いですが、
MiMiさんとはどうやって知り合ったのか、誰もが気になるはず

調べてみると、ドラムを探して訪ねたのが、
リムキャットのギタボ、クマさん(ex.レクレンズ)だったそう。

バンドマンの知り合いが非常に多いクマさんなら・・、
と、望みをかけたところ、見事にMiMiさんと繋がったとか。



桜村眞、m.a:tureとの関係

m:a.tureのボーカル、和楽器バンドのギターとして有名な
桜村眞さんは、「joppin:cal」と切っても切り離せない関係ですが、
やはり、同じバンドのメンバーが始めた新しいバンド、
放ってはおけないようで、
レコーディングでエンジニアとして協力していたり、
ライブにふらっと、立ち寄ってくれたり、
陰ながら応援してくれているようです。

記者、ライター、ブロガー

m.a:tureも、joppin:calも、もちろん
和楽器バンドも、ますますの活躍に期待ですね!

記事を書いている人→ https://twitter.com/nyamechin
面白い!と思った方は、SNSでの拡散をお願いします!

ロゴ背景あり
「にゃめちドットコム」の制作支援をしてくださる方は
こちら→ http://nyamechi.com/?page_id=171 より
ご協力お願いいたします。

Pocket
LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。