このエントリーをはてなブックマークに追加

かさい学生寮での生活、男子寮の実態|滋慶学園グループ

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

今日は、僕が2015年の3月から2017年の3月まで、
専門学生時代に過ごした、学生寮での生活について書いてみようと思います。

特に、滋慶学園の学生寮に入ろう!
なんて考えている人は必見かもしれませんよ!

どんな寮?

ぼくは、TSMという専門学校への通学のために、茨城県の実家を出て
東京都江戸川区東葛西にある学生寮、スチューデントハイムに入寮しました。

東京エリア 学生のための専用マンション
スチュデントハイムかさい学生寮本部
〒134-0088東京都江戸川区西葛西6-17-1-201
http://www.stheim.jp/tokyo/index.html

これが、その寮。↓


門限などは無いので、24時間、出入りできます。
・・・じゃなくちゃバイトもできないですよね。

夜型の生活をしていたので、暗い写真で少し分かりにくくなっていますが、
3階建てで、3階の部屋に住んでいました。東京メトロ東西線の葛西駅から
徒歩、5分強といったところで駅からも近くて便利、

そして、葛西エリアは大型ショッピングセンターが多数あり、
生活の面でもかなり便利。TSMを卒業して葛西を出た身だから言います、
本当に便利、豊か。イトーヨカード(現在Ario)も、ドンキも、
イオンも家電屋さんも、服屋さんも大きな公園も、
いやいや、挙げたらきりがないんだって!!

東京でも、こんなに生活に便利な場所は稀です。都心からは少し離れるけど
海の空気も気持ちいいし。家族世帯が多く住んでいるのも納得・・。

寮の内側は、螺旋階段があって、なかなかオシャレ。
(エレベーターはありません。)


↓共用部分は、刑務所みたいな雰囲気・・笑
個人の部屋が連なるだけ・・。
この廊下で寝てしまうような酔っ払いは・・、いませんよ!
洗濯機なども、共用で各階にあるので、便利です。

玄関↓(寮長さんが宅急便を代わりに受け取ってくれるのは本当に便利だった。)
そして、監視カメラがたくさんあります>_<!

玄関から食堂までの廊下↓
途中に大浴場があります。

寮での食事

食堂↓
学校帰りにお腹空かせて帰って、
同級生と一緒に食う飯は美味かった
なぁ。
ご飯と味噌汁はおかわり自由だしね。
ガスコンロとか水道は自由に使えるので、
遊びで自炊とかしたこともあったなぁ・・。




↓屋上も解放されてて、自由に使える。
タバコ吸ったり、筋トレしたり、
スケボー乗ったり、自転車乗ったり・・・笑

休日にここにきて街を眺めるのが好きでした。
休日の過ごし方

個人の部屋

続いて個人の部屋↓約6畳

ものが多くてかなり狭く見えるけど、部屋使いが上手い人は
もう少し広く生活してたみたいだよ。

↑配線のために、壁から距離とって机とか配置してたし

いつのまにか、大型モニターなんてのも買ってしまって

友達と頑張って壁にかけてみたり・・、
まぁ、落ちないか心配で、翌日には下ろしたんだけど。笑

食生活は、基本的に朝と夜、寮飯が出るから
めちゃくちゃだったなぁ。いつでも酒飲んでた・・。

こんなことができるのも、学生のうちだけです・・。

寮に住むメリット

ぼくが思った、学生寮にいるメリットは、すぐそこに友達がいること。
嫌なことがあったらすぐに友達の部屋のドアを叩いて駆け込めるんですよ!

なんど楽になったことか・・笑

寮を出て、みんな今はバラバラな生活をしていて、
田舎の実家に帰ってしまった人もいたり、仕事が忙しかったりで
もう、みんなが揃うことはない気がして寂しいけど・・。

ここで過ごした時間は、忘れることができないよ。

■TSM関連記事
入学当初の生活編
学生寮の実態編
休日の過ごし方編
・学校のイベント編
・授業編
・休み時間編
・TSM生活を振り返る<1年生編>

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。