このエントリーをはてなブックマークに追加

音声ファイル形式「BWF」を知っていますか?放送業界では必須の知識

Pocket
LINEで送る

みなさんはオーディオファイルフォーマット
と聞いて、何を思い浮かべますでしょうか?

MP3でしょうか?WAVでしょうか。
それともFLACのような、ハイレゾがいいですか?

今回ピックアップするのは「BWF」!

「Broadcast Wave Format」の略でBWF。
主にどんな場面で活用されるのかといえば、
名前からもわかるように、ブロードキャスティング
TV、ラジオでの放送運行に用いられます。

スタジオ コンソール ミキサー

タイムコード、QUE信号をWAVファイルに
付加することを可能にしたのが「BWF」なのです!

(聞き慣れない言葉がたくさん出てきてしまって
混乱している方もいると思うので、のちほど解説していきます。)

ちなみに、こちらのフォーマット、見た目がWAVと同じなんです。

「にゃめちドットコムTM」→WAV

「にゃめちドットコムCM」→BWF

wav bwf フォーマット

というのも、BWFって厳密にはWAVの拡張形式の一つなので
見た目がWAVと同じってのは、無理もない話なんですけどね!
しかし、放送業界ではきちんと区別しないと、仕事になりません。

タイムコードって何??

テレビやラジオでは、俗に言うタイムコード
が重要な役割を持っているのはご存知でしょうか。

タイムコード

映画やテレビが好きな人は、テレビモニターに
「00:00:00:00」や「10:00:00:00」といった数字が
表示されているのを見たことがある人が
いるかもしれませんが、これです。

映画ですと、「10:00:00:00」は
本編のスタート時間
として設定されていることが多いです。

ちなみに、読み方は
「時:分:秒:フレーム」となっています。

CUE信号って何??

読み方は(キューしんごう)

テレビで裏方の人が「3,2,1,QUE!」と、生放送で
合図を出す様子はご覧になったことはありますでしょうか?
あれは、QUEと同時にカメラがオンエアに乗ったことを伝えています。

ピンときた方もいるでしょうか、そうです。
オンエアに乗ったことを指示するかのように、
ファイルに動作を指示するのためにあるのがCUE信号なのです。

※DJの卓に付いているCUEボタンもポイントを指示する
という意味で、同じ使われ方をしていますよね!

DJ

なぜ信号、タイムコードが必要なのか

では、なぜタイムコード、CUE信号を音声データに
付加する必要があるのかと言うと、
放送電波、番組、というのは基本的に24時間止まることがありません。
つまり、大量の番組やCMを捌かねばならないのが放送局の使命です。

番組、CMの送出をできる限りやり易くするために
タイムコード、それからCUE信号が存在します。

ビデオカメラ、報道

どんな信号の種類があるの?

よく使われるものは、以下で解説していきます。

BC$START

こちらは、音声ファイルにマークをつけて
頭出しを可能にするCUE信号です。
番組本編の直前に置く、1K(基準信号1khz)、
クレジットの頭に指定することが多いです。

BC$STANDBY

こちらは、名前の通りスタンバイ、
音声ファイルを待機状態に置くためのCUE信号です。
本編の開始時刻「10:00:00:00」に指定することが多く、
この状態で、PLAYを押すと、本編の再生を開始します。

BC$CM

こちらも名前の通り、本編からCMに出力ソースを飛ばす時に使います。
なお、本編の再生は継続されるので、CM時間と同等のノンモン(無音)
を挿入しておかないといけません。

BC$STOP

こちらも名前の通り、再生動作をストップさせるためのCUE信号です。
参考になりましたでしょうか?もし、そこ違うよ!
なんて意見がありましたらドシドシお寄せください・・!

記事を書いている人→ https://twitter.com/nyamechin
面白い!と思った方は、SNSでの拡散をお願いします!

ロゴ背景あり
「にゃめちドットコム」の制作支援をしてくださる方は
こちら→ http://nyamechi.com/?page_id=171 より
ご協力お願いいたします。

Pocket
LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。