このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の若者は知らないことが多過ぎる。|情報を選べる時代?!

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

若い人に話しかけても、会話が弾まない。
そんな経験のある人は多いでしょう。

それもそのはず、現代の、特に若者には
「流行り」が通用しなくなっているのですから。

若者は視野が狭い、世間を知らない、
常識を知らない、なんて嘆いてしまう方も
多いかもしれませんが、そういった人は、
これからも増え続けるはずです。

たとえば、学校に40人のクラスがあります。
ですが、40人全員が理解できるタレントや
お笑い芸人など現代では皆無でしょう。

それはなぜか。一言で言ってしまえば、
「インターネットの普及」によるものですが、
それだけでは、面白くありませんね。

今回は、深く、原因を探ってみましょう。

現代の若者のバックグラウンド

個人所有のデバイスの増加。

一昔前は、家族で共有のPCが自宅にあり
交代で使う、携帯電話は高校に合格したら買う。
といった家庭も多かったかもしれません。

しかし、最近は、母親が子供をあやすが如く、
スマホやタブレットを渡すと聞きます。

すると、幼稚園児や、小学生がスマホでゲームや
インターネットに直に触れることとなります。

もちろん、スマホで嫌いなことをする人なんていません。
好きなことを次々と、調べたり、ゲームに熱中したり・・。

スマホ依存が、若年層から始まる可能性があるわけです。

好きなものだけに触れる。

たとえば、SNSの「フォロー、フォロワー」を例に挙げますと、
自分の好きな情報しか、見られない状況に自分を置くことができます。

すると、必然的に自分の興味のある情報しか入ってこなくなります。
嫌いな情報はブロックすることができますからね。
一昔前は、嫌でも家族で同じテレビを見たり、
CMを眺めて、自然と興味のない知識もついたものです。

若者の中には「嫌いな情報はシャットアウト!」
好きなものだけを見ることが素晴らしい!
と、それを美徳とさえする人も多数いますからね。

これでは、思考や理解の幅が狭まるのは間違いありません。
自身の向上とは程遠いライフスタイルと言えるでしょう。

若者の外出率の低下

2018年、現代の若者の外出率が、
高齢者のそれを下回った、というニュースが
報道されたのは記憶に新しいです。

驚きですよね。若くて体力もあるはずなのに、
体が不自由になる高齢者の方が外出しているなんて。

20代の若者が「外出離れ」?休日の外出率が過去最低なのはスマホだけが原因なのか

「タダネイティブ」映像・音楽・マンガはネットで。

あなたは音楽や、テレビ番組は何で見ていますか?
「YouTube」や、「AniTube!」という方も多いのでは?
このような動画共有サービスには、テレビ番組の録画や、
音楽CDのコピーなど、違法なコンテンツが堂々と掲載されています。
知らずに視聴している方も多いのではないでしょうか?

いわゆる、マンガ、小説といった物も、
たびたび、違法アップロード、ダウンロードで
検挙されたというニュースが見受けられますよね。

最近ですと、「漫画村」が記憶に新しいでしょうか。

しかし、スマホで「YouTube」の動画などをダウンロードして、
お金を払わずに楽しむ若者が多いのは事実です。

そして、最近の若者は物心ついた頃から、
無料でこれらを楽しんでいる可能性が非常に高いです。
これを、最近は「タダネイティブ」と呼ぶようです。

タダネイティブって何?どんな意味?世代は?

現代のインターネット社会

インターネット上にテレビ局が出来た。

有名なものでは、「AbemaTV」こちらは
スマホやパソコンを通して視聴できるテレビです。

番組の制作には、テレビ業界経験者が多く着手しており、
番組内容も、既存のテレビと変わらない、いいえ、
一般的なテレビよりも、制約が少ないのか、
刺激的で興味深いラインナップとなっていますね。

最新の情報がいち早く手に入る。

あなたが社会情勢や、ITなど
最新のニュースを発見するのはどこですか?

Twitterでしょうか、それともYahoo!ニュースでしょうか。
それともニュースアプリ?この記事を読んでいる方に限っては、
新聞、テレビという方は少ないはずです。

新聞やテレビが、最新の情報を発信する側から
ネットで発せられたニュースに付いていく側に回り、
だいぶ時間が過ぎました。Web Killed the Mass Star

総評

日本国内でインターネット通信が初めて行われて、
2019年には35年を迎えると聞きます。
その間にインターネットは一般化し、小学生でも
世界中の人とテキストでの
コミュニケーションが取れるまでに発展しました。

筆者も、小学生の頃「ポケモン掲示板、チャット」
などを通して、知らない人とコミュニケーション
を図れた時には興奮したものです。

そして、2010年代には、学校教育でも
インターネットリテラシーなるものが組み込まれ、
情報発信、そして選択に至るまで、かつてからは
想像もできなかった授業が行われています。

現代の小・中学生のの授業、習い事には、
プログラミングといった項目が組み込まれているようです。

みなさんが今、注目している技術はなんですか?
自動運転施術でしょうか?それともキャッシュレス?
未来に期待する一方で、高齢問題、
それにまつわる社会保障費等、頭をかかえる悩みは尽きません。

最近の若者、ネット時代の「若者論」について

記事を書いている人→ https://twitter.com/nyamechin
面白い!と思った方は、SNSでの拡散をお願いします!

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。