このエントリーをはてなブックマークに追加

TSMの授業について、卒業生が書く!|にゃめちドットコム

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はTSM(東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校)
で行われている授業について詳しく解説していきます。
ちなみに、私が受講したものを中心に書いています。

これからTSMに入学しようと思っている人、
また、Wメジャー(他学科の授業も取れるシステム)で
履修の登録を悩んでいる人の参考になれば嬉しく思います。

TSMのWメジャー

プロミュージシャン科

ギターテクニック

こちらの授業は、ある程度ギターが弾ける人を対象に
「よりテクニカルなことができるように」
をテーマに組まれているプログラムです。

毎回、チョーキング、アルペジオ、スケールなど
テーマを決めて、コピーやそれぞれのフレーズで、
一人一人、みんなが聴いている中で弾いたり
講師の先生がプロの現場でのお話をしてくれたりと、
そういった授業です。

TSMのギター

最近はYouTubeなどで、いくらでも
プロの演奏を見ることができますが、
プライベートの面や、音を鳴らすまでのセッティング
動きを間近で見られるのは、やはり、発見があると思います。

ちなみに私は、earthmindのギタリストとしても活躍する
城石真臣さん(https://twitter.com/mj_guitar)に教わっていました。
城石真臣さんのブログ→ https://ameblo.jp/mj-guitar/

アクターズ科

ナレーション

こちらの授業では、イントネーションや
滑舌はもちろんのこと、ラジオ放送、
テレビ業界のことや、情熱(ハート)に関するお話まで
実際のオンエアで使われるような放送原稿、
CM原稿を題材に、ショーンKさんの在籍でも有名、
株式会社サンディhttp://www.djdj.co.jp
のタレント、森雅紀先生に教わりました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/森雅紀

ショーンKの白黒写真

音楽テクノロジー科

音響電気知識

こちらの授業では、音楽を仕事にする上で、
知っておきたい電気的知識について勉強します。

正直、現場に出てしまえば、職種によっては
知らない人もたくさんいますが
知っておくと得することばかりですし、
この授業を履修する人は技術側、
テックに興味がある人が多いはずだから
楽しくやっていけるはず。

TSMの音響電気知識の授業

ちょっとだけ、ボルト、アンペア、オームなど
電気の計算は必要ですが、
スピーカーについての勉強だったり、
キャノンケーブルの製作実習などは面白かったです。

TSMの授業

夏休みの課題で出された、
「音楽的なレポートを書いてこい!」といった課題も、
音楽的ならなんでもいい、ということで、
好きなことをさせてもらえるので楽しいですよね。

澤口先生に教わりました。
http://shouehara.net
https://www.facebook.com/tomoya.sawaguchi.5
(こちらリンク先に不安があります、間違いがあればご連絡ください。)

音楽制作概論Ba

こちらの授業では、音楽制作の基礎について学びます。
座学です。DAWやパソコンのこと、スタジオのセッティングのことや
音楽理論、器楽について、さらにはお金のお話も・・、TSMの副校長も務める、
勝田修平先生(https://www.facebook.com/shuhei.katsuta.7)に教わります。
http://www.tsm.ac.jp/school/staff/shuhei_katsuta.html

アナログレコーディング

この授業では、主に作曲コースの学生、
ミュージシャンコースの学生が合同で
楽曲制作に取り組む授業です。

TSMのプリプロ

授業の別名は「実レコ」
授業を受ける生徒数名でいくつかのチームを作り、
テーマを決め、チームごとに楽曲制作、
作曲、アレンジなどの分担、
どの担当に何人、なども全てチームで決めます。

制作期限はもちろん決まっているので、締め切りまでに
パッケージとして仕上げる能力・責任感が必要です。
※パッケージと書きましたが、CD-Rで十分です。

TSMの実レコ

こちらの授業は多くの先生が関わっているので、
把握しきれていないのですが・・、勝田修平先生、
SHANGRI-LA INC所属レコーディングエンジニア、
田中実先生(http://www.shangrila-inc.jp)に教わりました。

ピアノのレコーディングとマイキング

アンプのマイキング

プランニングベーシック

こちらの授業では、イベント制作における実施概要
企画書、タイムテーブルの作成、進行方向など、
プランニングの実務を学び、
プレゼンテーション能力を養うことを目的としています。
テレビ、ラジオの基礎から、オリコンをはじめとする
音楽チャートの分析までを、Mステスーパーライブ、
お台場夢大陸、汐留博覧会などを手がけるイベント制作のプロ、
高田雄貴先生(https://www.facebook.com/yuuki.takada)に教わります。

FINAL CUT/MOTION

こちらの授業では、映像制作、
テロップやエフェクトの使い方について
テレビ番組制作などの仕事をされている○○さんに教わりました。
(あまり授業に出られなくて名前把握できていなくて申し訳ないです。)

ファイナルカットやモーションといった、
プロも使う道具に触れるのはいい経験になると思います。
理解の少ない業界ですが、知恵としても深まりますしね!

YouTubeなどでのプロモーション活動が芸能業界、
広告業界でも必須の今、習得できると強い武器になるかもしれませんね。

WEB制作

こちらの授業では、HTML、CSSを使ったWEB制作について、
グラフィックデザイナー、アートディレクター、VJ
として活動する佐藤悠輔さん(http://hge.jp)に教わりました。
https://www.facebook.com/yusuke.sato.1253

WEB制作の授業のシラバス
Adobe Dreamweaverを使ったコーディングや、イラストレーター、
フォトショップといったソフトによる図面・図形の作成なども・・。

WEB制作の授業

その他

音楽理論(LM)

こちらの授業では、音階と和音についての基礎を勉強します。
ドレミの数え方や、コードトーンなど、慣れないと正直難しいですね。
私は、○○先生に教わりました。

TSMの音楽理論

イヤートレーニング(ET)

こちらの授業は、その名の通り、耳を鍛えるための授業です。
C、D#といったコード(和音)の聞き取りや、
休符、連符といったリズム、拍子の聞き取りをして
音楽的な耳を鍛えていきます。

番組構成

こちらの授業は、受けたことがある人は
かなり少ないのではないでしょうか?
他と変わりなく学生向けに解放されている授業なのですが。

一言で説明してしまえば「番組づくり」をする上での
思考、論理能力の育成がテーマですが、

実際は番組制作にこだわらない、
「粋で文化的なヒトになるために」というような授業です。

毎日を日記につけよう!朝、目覚める時のマインドの持ち方、
などなど、メンタル面、社会人としての意識、
人間力を高めるためのプログラムが組まれています。

授業があまりに説教のように聞こえてしまうこともあるため、
途中脱落していく学生も多いです。

授業は、放送作家として、
テレビ「笑っていいとも!」「ごきげんよう」、
「SMAP×SMAP」「仮装大賞」などなどを担当、
ラジオ番組にも数多く関わり、自身が出演することも多々。
そんな、鶴間政行さんに教わりました。

「好きなら詳しくなくちゃダメだよ〜」
なんて、鶴間さんが残した言葉は忘れられません。
http://www.hagimoto-kikaku.co.jp/sakka/index.html
https://www.tbsradio.jp/personality/tsuruma-masayuki/
https://ja.wikipedia.org/wiki/鶴間政行

音楽史

こちらの授業では、
主にポピュラーミュージックの歴史を勉強します。

TSMの音楽史のシラバス

自分の好きな音楽を聴くのももちろん大切なことですが
ルーツミュージックを知ることや、聴いたことないジャンル
かつて絶大な人気を誇った音楽は一見の価値ありです。

世代が違うと聴いている音楽が違うのは当たり前ですから、
勉強不足を補う意味でも大切なこと。

業界に就職してからも、やはり
大人の人たちとは圧倒的に生きてる時間が違います。
音楽の知識が全く足りません!!

私は、中町俊自先生(https://twitter.com/shunji_)に教わりました。
https://www.facebook.com/shunji.nakamachi

著作権

こちらの授業では、
音楽を始め芸術の仕事をする上では避けて通れない!
「著作権」に関する勉強をします。著作権と聴くと固いイメージですが、
授業も固いです、当たり前ですが。寝てしまう人も続出・・。

・著作権があるからアーティストの権利が守られています。
・著作権は期限が切れることもあります。
・「著作隣接権」などなど、法律はたくさんあります。etc…

TSMの著作権のシラバス

それから、アーティストと事務所の契約や、
レーベルに関するお話も。こちらは大事なことですが、
必要が出てきたら勉強する、くらいの認識でもいいのかも・・。
私は、中町俊自先生に教わりました。
https://www.facebook.com/shunji.nakamachi
https://twitter.com/shunji_

英会話

こちらの授業では、英語について学びます。
授業内で講師の先生と日本語のやり取りをした覚えがありません。
勉強というよりは、外国人とのコミュニケーション
を学ぶ意味合いが強い授業だと感じました。
英語の教科書のICON

就職対策講座

こちらは、就職を希望する学生に向けて行われている授業です。
履歴書の書き方や、電話の掛け方など、

ビジネスマナーについて勉強します。
履歴書の書き方などで、
何度も世話になった思い出があります。
飯泉さかえ先生に教わりました。
(http://www.tsm.ac.jp/school/staff/sakae_iizumi.html)

TSMに関する記事はほかにもたくさん書いています。

↓をぜひご覧ください!

■TSM関連記事
入学当初の生活編
学生寮の実態編
休日の過ごし方編
学校のイベント編
授業について編
・休み時間編

東京放送芸術&映画俳優専門学校(TBM)ってどんな学校?

TBM 専門学校

記事を書いている人→ https://twitter.com/nyamechin
面白い!と思った方は、SNSでの拡散をお願いします!

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。