このエントリーをはてなブックマークに追加

【同窓会名簿】住所などの連絡先をハガキで請求された。この時代に?!

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

先日、私のもとに、このようなハガキが届きました。

「創立110周年記念名簿発行のお知らせ」
創立〇〇周年の記念がなんで名簿なんだよ、って話は無視して・・笑

こちら、内容をよく読んでみると

同窓生の連絡先を必要な人が把握できるように、
住所や電話番号などの連絡先を提供してください。
という内容であることがわかりました。
同窓生名簿なんて、うちの
母親世代の名簿しか見たことないよ。
今でもあったんだ・・。

そんな話も無視して。

今回、僕が疑問に思った点はコチラ!

「ご返信がない場合は、お送りした内容で名簿に掲載いたします。」

・・・わお!!いくら同窓生のみへの完全限定出版とはいえ、
同窓生は25,000人以上いるって、このハガキにも書いてありますよ!!

個人情報保護の観点的にこれってどうなの!?

たとえば、あなたが高校生の時、好きな女の子、男の子の住所や連絡先が
問答無用で手に入りましたか?そういうことなんです。

この名簿が手に入ってしまえば、簡単に個人情報が手に入ってしまうわけです。
ざっと見積もっても、20,000人ほどの個人情報が!!怖過ぎる。笑

逆にいえば、ブラックな営業マンだったり、ストーカーなどにとっては
最高のツールにも成り得るですけどね・・。特に探偵などの業界には、
他の都道府県の名簿までもを探し求めるハンターがいる、なんて噂も!

これだけ、個人情報セキュリティの問題が取りざたされる時代に
名簿の作成なんて、犯罪の元凶に思えて仕方がないのですが。

なんて考えていたら、すぐに見つかりました。
同窓会名簿販売サイト→http://www.listlibrary-meibohanbai.com/code-a/

皆さんはいかがお考えでしょうか?

世間を探せば、これらのデータを電子的にアーカイブして、
適当に保管している人もたくさんいると思いますよ。
流出すればそれは大問題です。テキストベースのデータなんて、
コピー、複製は一瞬で出来てしまいますから、悪い人がリストにして
売却なんてし始めたら、それは一瞬で世界中に広がります。

現代は、会いたい人、連絡を取りたい人の名前が分かっていれば、
グーグルサーチで、簡単にとはいかずとも、周囲の人間に
ほぼ間違いなく到達できる時代ではないでしょうか?

一定以上の年齢の人を除いてしまえば、現代において
名簿の販売までは、必要がないと考えています。

ちなみに、こちらの名簿制作の発起人、
茨城県立水戸工業高等学校同窓会会長の
横田輝夫さん(昭和39年建設科卒)をネットで調べてみても
狙っていた、本人に関する情報は得られませんでした。

同窓会名簿の作成について、あなたのご意見をお聞かせください。

高3の夏チャリ400キロ旅行

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。